1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

20歳女子大生のプライベートブログ♪いい加減な記事しか書きません(ノ∀`*)


プロフィール

NuT MeG

Author:NuT MeG
 
20歳の女子大生
(ノ∀`*)

以前はこのブログを
正規のものとして
使っていたのですが
諸事情により分割することに

分割以降は
まともな記事が皆無です

それでもいいって方のみ
ご覧いただければと...


よろしくお願いします♪
 

 

最新トラックバック
アーカイヴでクラウド

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: 南船北馬

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ウガンダ9日目 もやもや

そう
もやもやしてんだよ…


ことの始まりは
22日のインタビューのあとなんだけどね

オフィスでマリアが話してきたこと

ある1人の女の子のために
学費を負担してくれる日本人を探してほしいと

学費は3ヶ月で200ドルくらい
学校が上がれば300ドルくらい


名前はキサチェ・ファテュマ
14歳
3年生

クリスチャンで
父親は既に亡くなり
母親には仕事がない

仕事がないって
別に怠けてるとかではなくて
ここウガンダの失業率ってまじで恐ろしい

パーセンテージは覚えてないけど…

インタビューでわかったけど
基本的に仕事がない故に
貧困で苦しんでいる人がほとんど

ちゃんとした大学出ても
仕事がないってんだから
信じらんないよね


3ヶ月200ドル
大人であれば
決して高くはないだろう

でもそれで
1人の女の子が助かりました
彼女は学校に行くことができました

…で?

と思ってしまう自分がいる

たかが1人だよ
しかもウガンダ人には悪いけど
どこにでもいるような女の子だよ?
父親がいない
母親の仕事がない
どこにだっているじゃないか!
なんでその子だけ助けないといけないの?
他の子は?

持続可能性なぞちっぽけもない上に
それで国が本当によくなるのか?
社会に与えるインパクトってどれだけ?
ないに等しくない?
だって大学まで行けても
職すらないような社会だよ?

その子がものすごく運がよかったのかもしれない
運良く目に留まったのかもしれない

運の善し悪しは
支援にはつきものだと思う
運良く支援を得られる人
得られない人

それにしたって!
数えきれないほどいる
似たような状況の子どもたち
なんでその子?

支援はできるだけ拡げていかなければいけないもの
スケールアウトの大切さは
いろいろな場で強調されている


っていうもやもやがね
昨日ずーっとわたしを支配していまして…

考え方を変えれば
1人の女の子も救えないようじゃ
もっとたくさんの人は救えない

それも正しいかもしれないけどさぁ

わたしの気持ちに正直に従えば
わたしはその支援のしかたはしたくない
悪い言い方をすれば
彼女を見捨てるという選択を取りたい

どうせやるなら
もっと大規模に
学校版チャイルドドクターみたいなさ
そういうのならいいよ

しかしねぇ…


サポーターを探すのが
自分の中でめんどいってわけではないと思う
そう思いたいw

だって車の寄付については
ちゃんと考えたり調べたりしてるもの

基本的に寄付は好きじゃないけど
でも今回の寄付については賛同できるから

必要なことだと思うし
そして何より日本人として
わたしのために時間を割いてくれるジョゼフに
NGOのみんなに
今のわたしがしてあげられることだと思うから


さぁてどうすっかなー

本当はやりたくないっす
と言ったところで
みんなは納得してくれるだろうか...

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。