1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

20歳女子大生のプライベートブログ♪いい加減な記事しか書きません(ノ∀`*)


プロフィール

NuT MeG

Author:NuT MeG
 
20歳の女子大生
(ノ∀`*)

以前はこのブログを
正規のものとして
使っていたのですが
諸事情により分割することに

分割以降は
まともな記事が皆無です

それでもいいって方のみ
ご覧いただければと...


よろしくお願いします♪
 

 

最新トラックバック
アーカイヴでクラウド

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: 日常雑記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

教職履修ガイダンス
教職なぁー
まじ悩まれるよなぁー

理由1
他キャンまで通わにゃならん

遠いし…
いやそっちのキャンパスの方が
家から近いんだけどw
もし大学近くでひとり暮らしとかになると
まためんどくなる

理由2
えぐい

卒業に必要な単位と同時に
+59単位が必要
えぐるうううううう

本来必要だと思う活動が
まるでできなくなるんだよね
両立してバイトで○万とか
夢のまた夢になるしww
よって海外での勉強とかも
まるでできなくなるのです

理由3
社会人になってからでも教職はとれる

別に今急いで取る必要はない…
とも思うんだが
海外で働く上で教職が有利なのも事実

理由4
金がかかる

取りあえずくらいの気持ちで
教職課程に登録しとこうかと思ったんだけど
登録にお金いるようで…

そうすると親が渋い顔するよね
たぶん真面目に取るなら出してくれるけど
取るかもわからん教職のために3万は絶対無理や…

理由5
秋学期の分も春に登録しないといけない

気が変わったから秋から履修
は不可能らしい事実

じゃあとりあえず程度に登録する意味は
なくなるよね…


結論。
わたしの場合は卒業後で教職を考えた方がいいのかなぁ

もし途中まで在学中に教職とって
社会人として再開できる
とかなら今のうちに少し取っといて損はない

あした自分のキャンパス行って
そのへんどうなのか相談してみよう

そしたら実用的なのからとってきたいなー
英語だから純粋な勉強にもなるよ!


そうして見えてくる未来プラン(仮)

◇堅実案
卒業

就職(社会経験を積む&大学院の費用を稼ぐ)(海外の可能性あり)

大学院&教職ゲット

なんでも好きにするがいいさ

◇中間案
卒業

就職(社会経験)

好きにするがいいさ(教職なら社会人枠)

◇野生案
卒業

好きにするがいいさ(教職なら社会人枠)

好きにするって海外で好きにするってことだけど
要は支援活動するってことだけど
1番上が1番堅実www

海外で働くにあたって
修士と教職と社会経験あれば最強じゃね?

とは思えど
本当は卒業後そっこーで好きにしたいんだよね
どうもわたしが憧れる人々は
卒業後そっこーで好きにしてる人が多くて

山口さんとかさ
村田さんとかさ
ってか2人とも卒業前に好きにしてるwww

成功論とかそういう話だと
だいたいそのほうが成功すんだよね
別にそういう理論にしがみつくわけじゃないけど…

堅実に生きるか
野性的に生きるか

もちろん下が好きww

しかし現実的に
堅実案が最もがいいような
うーん

もしそれが支援をする上で最も効率的ならば
そうする


あ、そうかでも
どっちにしろ大学院で教職とるなら
べつに学部のうちに教職とってもいいのか

そんで旅とかを大学院にまわすと
そのときの方がお金あるだろうしなぁ

どっちが先になるかってだけの話だな

今後未来プランが変わることを想定して
どっちが有益かだよな…
だったらやっぱ先に世界を知った方がいいのか
でも大学院時代にそれやった方がお金かけられるんだよな
今ひーこら言ってバイトと勉強両立しなくていいんだし
勉強に専念してればいいんだし
あ、別に旅と教職を大学院で両立してもいいわけだが
うん、それがいいのかなぁ
そろそろ脳みそのキャパがオーバーしておる(´-ω-`)


うーん!
結局ひとまわりして
またよくわからなくなってしまったw

でもブログ書くのいいね
考えがまとまるわ


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。